講師ご紹介

  • オーガナイザー

    • 写真

      希少がん研究と
      patient-derived cancer model

      近藤格氏
      国立がん研究センター研究所
      希少がん研究分野 分野長
      創薬標的・シーズ評価部門 部門長

    ページのトップへもどる

  • 招待講演

    • 写真

      ノーベル賞と培養細胞

      難波正義氏
      岡山大学名誉教授
      岡山医学振興財団 代表理事

    ページのトップへもどる

  • 基調講演

    • 写真

      PDXを用いた薬効薬理試験

      濱田哲暢氏
      国立がん研究センター研究所
      臨床薬理分野 分野長
      臨床薬理部門 部門長

    • 写真

      創薬開発研究を加速する
      肉腫細胞株パネルの構築

      中紀文氏
      大阪大学大学院 医学系研究科
      器官制御外科学(整形外科)講師

    • 写真

      CTOS法による希少がんパネルの作製:
      子宮頚部小細胞癌を例として

      井上正宏氏
      大阪国際がんセンター
      生化学部 部長

    • 写真

      培養細胞・臨床検体データを活用した
      人工知能創薬
      rational drug repositioning system
      の実現に向けて

      齋藤秀氏
      株式会社オプトホールディング
      最高解析責任者 CAO/データサイエンスラボ代表

    • 写真

      融合遺伝子関連肉腫:
      腫瘍の起源から浸潤・転移まで

      中村卓郎氏
      がん研究会 がん研究所
      副所長

    ページのトップへもどる

  • ランチョンセミナー

    • 写真

      Body on a Chip:
      ヒト生体外モデルの開発と今後の展望

      亀井謙一郎氏
      京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)
      特定拠点准教授

    ページのトップへもどる